面会交流支援事業

子供と離れて暮らしているお父さんやお母さんが子どもと定期的または継続的に会って話をしたり、一緒に遊んだりして交流することです。たとえ両親が離婚しても、子どもは父母のどちらからも愛されていると実感できることによって深い安心感と自尊心を育むことができます。

面会交流の取り決めをしても、具体的にどのように進めていけばよいかわからない場合や、相手と直接会うのが難しい場合などに、付き添い等の支援を行います。費用は無料です。原則、月1回、1年間ご利用いただけます。利用には収入(所得)等一定の要件があります。

※交通費、施設利用にかかる費用など、実費相当については、ご自身でご負担いただきます。

平成24年4月1日より民法が改正され、離婚をする際に、子供の面会交流と養育費について夫婦間で取り決めを行うことが明記されました。
はあとでは、平成24年5月7日より、面会交流支援の受付を開始しています。

 

【面会交流支援の受付】 電話番号:03−5261−1278(受付時間 9:00〜16:30)
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

  【支援の内容】

  支援員が面会交流の場所に付き添いまたは受渡しをいたします。

  ※申込みについては一定の要件がありますので、利用方法をご覧ください。

      「面会交流支援事業」を利用される父母へのご案内   

       面会交流のルール    児童扶養手当・児童育成手当について

0916面会交流_03.png

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【面会交流支援利用方法】

  @双方が面会交流の実施に同意している。

  A父親・母親ともに申込書と収入(所得)証明書を下記までお送り下さい。

  (双方の書類が整いましたら、ご連絡いたします。)


【面会交流支援申込書】

 申込書はこちらからダウンロードしてください。

  【面会交流支援申込書】

 

    郵送先:〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1−1 セントラルプラザ5階

          東京都ひとり親家庭支援センターはあと 面会交流支援 宛

FPIC厚生労働省調査研究事業 離婚と面会交流のための「かるがも相談室」

離婚・面会交流でお悩みの方へ

こちらの機関で相談を受け付けています。 かるがも相談室案内リーフレットpdfkarugamo.png

※外部サイトへ移動します(注:はあとの事業ではありません)

▲このページのトップに戻る