平成29年1月15日(日) 養育費・面会交流セミナー「子どもたちの未来を育てよう」

セミナー「子どもたちの未来を育てよう」 〜離婚と子どもを考える〜 

お子さんがいて離婚を考えている方、すでに離婚をしてお子さんと別居している親との関係で悩んでいる方、お子さんの心身の健全な成長の為に養育費や面会交流など、大人が気をつけなければならないことについて一緒に考えてみませんか。

   pc_kousyu_form.gifflower_seichou8.png


◆ 詳細案内チラシはこちらから

<参加無料>

<託児無料(要予約)>※託児をご希望の方は、お手数ですがお電話でお問い合わせください。

日 時 : 平成29年1月15日(日) 13:30〜16:30(受付:午後1時より)
場 所 : セントラルプラザ12階会議室

      新宿区神楽河岸1-1 JR飯田橋駅 東口徒歩3分/東京メトロ 飯田橋駅B2b出口    

対象者 : お子さんがいて離婚を考えている方・ひとり親家庭の方など
定 員 : 40名(講演会、交流会とも)

お申込み: 申込フォーム、電話またはFAXで

        東京都ひとり親家庭支援センター 

        TEL 03-5261-1278 / FAX 03-5261-1343

 

問い合わせ先 : 東京都ひとり親家庭支援センターはあと
            03−5261−1278
共 催 : 養育費相談支援センター (厚生労働省委託事業/公益社団法人家庭問題情報センター)


illust2314.png







養育費専門相談 ※電話相談・面接相談(来所による)

養育費は子供の生活と成長のための費用です。子供の扶養は親の義務であるため、離婚後子供と一緒に生活しない親は、養育する親に養育費を支払う義務があります。また、養育する親は相手方に養育費を請求することができます。離婚時に取り決めをしていなくても、子供が成人になるまでの間いつでも話し合いで取り決めをすることができます。


はあとでは、離婚にまつわる内容の専門相談をおこなっています。ひとり親家庭の養育費の取り決め、受取額の決定や変更、支払の延滞問題などについて相談をお受けしています。専門相談員による相談は(予約制)お電話または来所にておこないます。相談は一時間です。

※養育費専門相談は、法律相談の前の相談内容の整理としてもご利用いただけます。

内容 相談日 受付時間 電話
電話相談 通年(祝日を含む) 9:00〜16:30 03-5261-1278
専門相談 予約制 専門相談の日程は下記をご覧ください。
電話(03-5261-1278)にてご予約ください。

養育費専門相談日程

 

曜日 時間帯

 平成28年12月

   2日
午前
   6日 午後
   8日 午前
 12日 午後
 15日 午前
 20日
午前
 22日
午前
 27日 午後
曜日 時間帯

  平成29年1月 

   5日 午後
   6 午前
 13日 午前
 17日 午後
 19日 午前
 23日 午前
 25日 午前
 30日 午前

 

◆ 「東京家庭裁判所」のホームページでは、家事調停の申立てに必要な書類(申立書)をダウンロードすることや、養育費の目安となる「算定表.pdf」などをご覧になることができます。

「調停・審判などで決まった養育費の支払いを受けられない方のため.pdf」強制執行の申し立てをされる方のために.pdf

◆ 公益社団法人家庭問題情報センター内の養育費相談支援センター(厚生労働省委託事業)でも、養育費について情報提供を行っています。

家庭裁判所.png養育費相談支援センター.png

養育費専門相談をご予約された方へ

《相談室のご案内》

場 所:東京都ひとり親家庭支援センター はあと

電 話: 03-5261-1278

住 所:新宿区神楽河岸1−1 飯田橋セントラルプラザ 5階

最寄駅:JR総武線・中央線「飯田橋駅」東口下車:徒歩3分

    地下鉄東西線・有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」B2b出口:徒歩1分

はあと飯田橋(東京しごとセンター内)ではございませんので、お間違えのないようご来所ください。

☆ セントラルプラザまでの順路(JR飯田橋駅東口改札より)

はあと地図改訂.jpg

 

《 お願い 》

@  相談時間は1時間以内です。

A  予約日・時間に変更が生じた場合には速やかにご連絡ください。

B  予約当日は、予約時間の5分前にご来所ください。(待合室等ございません)

C  予約時間を過ぎてご来所の場合は、お約束の時間までの相談となります。

「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」について

民法では,協議離婚の際には,子どもの監護者(親権者)だけでなく,面会交流や養育費の分担についても定めることとされ,その取り決めは,「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」とされています。 

法務省1.png 

 子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&Am_f_floral60.png

離婚後の養育費支払いと面会交流.png

 ◆ パンフレットPDF ◆ 合意書のひな型 ◆ 合意書のひな型の記入例

▲このページのトップに戻る